シルクスクリーン印刷 DIY部

自宅で学べるシルクスクリーン印刷のデジタルスクール

家で出来るシルクスクリーンの可能性は計り知れない

f:id:heizoujp:20190523111342j:plain

シルクスクリーンで出来る事の可能性は皆さんもこのトトキリのブログを見ながら感じ始めているかもしれません。

ただ、私も実際にやりながら感じてる大切な所なのですが

”ただ、やり方や発見に気づいただけでは、自分の本当のひらめきは起きない”

ここはシルクスクリーンだけではなく他のビジネスなどにも共通する事だと思うのですが、そのビジネスの存在だけを知っている人は多くいます、ただ次の段階のそのビジネスを自分なりに上手く展開していくきっかけや気づきにひらめく人は、更に数が減りごくわずかな人だけがその発見の凄さを活かしていく事が出来るのは、もっとも重要と言っていいポイントでもあります。まずは自分でその気づきを深く掘り下げて、イメージを自分なりに組み合わせていく事がとても大切です。

 

家で出来るシルクスクリーンの可能性は計り知れない

今回、トトキリでは簡単にシルクスクリーンの動画を作成しました。これはただ単に見るだけなら普通のシルクスクリーンの紹介動画かもしれませんが、シルクスクリーンの可能性や深さを自分のイメージとパズルのように組み合わせて行けば、”こんな事ができるんだな、こうやってみよう!”と自分のアイデアをもっと明確に形にすることが出来るでしょう。

シルクスクリーンはそんなあなたのアイデアを手軽に小規模な自宅からでもクオリティーの高い物へと形を変えていく事が出来る、そんな素晴らしい技術なのです。

もちろん、失敗や立ち止まる時もあるかもしれませんが、でもあなたの”楽しい!”という純粋な思いがあれば必ずあなたの思いを形にすることが出来るでしょう。

 


シルクスクリーンとは、アイデアを形にする道具

 

この動画では見ての通りとてもとてもアナログな印刷です。でも実はこれ、人間社会、世界中で昔から今でもTシャツやあらゆる印刷物へと印刷されている、基本中の基本の作業でそれが可能になるのです。私たちが百貨店やあらゆるお店でお客さんとして普通に買ってきたものがこのように作られているのです。

 

見てわかると思いますが、とてもとてもアナログ。

電気?

使っていません。

印刷の際、使っているものはシルクスクリーン印刷の原版、インク、ヘラだけでお店の商品として実際に仕上げあるクオリティーそれがシルクスクリーンです。こんなにシンプルならあなたの家でもできる!って思うでしょ。もちろんできます、トトキリのブログを見てもらってもっとあなたのビジネスの可能性を広げて下さい。

 

動画の中でも実際に使っているアルミのシルクスクリーン枠

トトキリはシルクスクリーンを始めた時からお店や学校、ネットで道具や教室、色々な検索をしました。でもいつも、出てくる答えは同じでした、それはとても費用が掛かる事でした。それはまだまだ知られていない技術である事やニッチである事、業者や学校の方達はもちろんビジネスの為にしているのであらゆるものが高額でなかなか実際自分でやろうと思っても費用の面で続かなかったりと残念なことにもなります。

 

実際、トトキリも始めた時はこのままでは長くできないし、アイデアがあっても形にできにくいなあと金銭面の不安と、初めてみたものの技術の習得も奥の深さを感じたりと苦難が続きました。だからこそ、皆さんにの為に少しでも入り口を入りやすくして、ネットでも誰も教えてくれない所を共有することが出来れば、私の苦い経験も活かされるなと思ってブログを綴っています。

 

特にトトキリではシルクスクリーンの道具の仕入れの高さを改善するため、本気でシルクスクリーンをしたい人の寺子屋本として下記のリンクかブログの右上のリンク先から販売しています。動画の中でも実際にトトキリが使っているアルミ枠など、その価格でこのクオリティーをたたき出せるのは言うまでもなく脱帽です。皆さん、よかったら技術や経験をシェアしてシルクスクリーンの可能性を一緒に高めていきましょう。

 

トトキリ E-Labo [世界中どこからでも安く道具を仕入れる

※sold outの時はコメント頂ければ出来るだけ早く補充させて頂きます。