シルクスクリーン印刷 DIY部

自宅で学べるシルクスクリーン印刷のデジタルスクール

<家で出来る>紙に電気を通せるシルクスクリーン印刷 その2

f:id:heizoujp:20200405083913j:plain

紙に電気を通せるシルクスクリーン印刷

さあ、前回お見せしたように皆さんが習得しようとしているシルクスクリーン印刷では色々な事が可能になります。その中でも、今回のできる事は通常のイメージでは作れないほどの事が可能になります。

シルクスクリーン印刷はアナログであり、またそれが味がありとても良いものを作り上げる特性を持っています、そういった意味で通常アナログのイメージの物をデジタルへと変換する事はまず難しいでしょうし、イメージとして繋がりを持たせることが難しいですが、これからはシルクスクリーンをしている人はアナログの事をしながら、更にデジタルへと自分のやる事を結び付ける事が出来る、シルクスクリーンに出会った人は計り知れない可能性をまた得る事とになるのです。それを自宅で習得していける、これからの未来を作るうえで大切な環境をもシルクスクリーンには用意されているのです。

 

さあ、電気を通せるシルクスクリーン印刷を紹介していきましょう

 本題に入る前に、電気を通すシルクスクリーン印刷とは"インク"がその革命児となります。シルクスクリーン印刷での手法を皮切りに幅広いアイデアでシルクスクリーンの枠も超えて皆さんのアイデアを形にしていくイメージが持てればなお楽しいでしょう。

 

使用するインク

・Bare Conductive Electric Paint 

https://www.bareconductive.com/shop/

 

原産国:イギリス

タイプ:水性インク

特性:導電性インク

 

どうしても直ぐに欲しい人は以下の楽天のリンクで販売していますが、2020年4月現在で在庫2個で値段がとても高いので検討が必要です。

BareConductive 導電ペイント 50ml SKU-0209

 

f:id:heizoujp:20200331131713j:plain

このインクの素晴らしい所はシルクスクリーン印刷で使用が出来るところ。

また、環境や子供にも優しく水性インクとして製作されています、素晴らしい!このインクを直接触れたりする事もある為、それらにも配慮されています。

 

また、環境に配慮されている所で大きい所はその成分です。

今までも、世界中の企業が電気を通すインク作りに切磋琢磨しているのですが、銀や銅などコスト面や環境には多大な貢献は出来ていませんでしたが、こちらのConductive Inkは炭素、つまり”炭”がその成分となる為、子供や大人まで安心して使用できる所が、素晴らしい所です。

 

 そこで、今回トトキリは実際にそのインクを使ってシルクスクリーン印刷を施したところを動画にしてみました。化学の知識のようなものもシルクスクリーン印刷にミックスする事により、更にあなたのビジネスチャンスを広げることが出来るのではないでしょうか。遊び心があなたの可能性を広げるはずです!


<遊びの化学>シルクスクリーン印刷で紙に電気を流そう

 

・今回は小さなリチウム電池を使って配線無しで紙の上で発光ダイオードを光らせてみました。LEDなども勿論光らせることが出来るので、皆さんも是非チャレンジしてみて下さい。

・トトキリのイメージですがこのアイデアを使い簡単に<子供や大人も楽しめる化学>なんて感じでワークショップ等をするのも楽しそうですね。(今はコロナウィルスで出来ませんが、できる日までアイデアを練って自分のオリジナルイベントを作っちゃってください!)

 

その他、アイデアは無限

このインクを使い、勿論シルクスクリーン印刷を施してできる事もあり、その他シルクスクリーン印刷の枠を超えて色々な事もできるでしょう。

プロジェクトマッピングとして使ったり音楽とミックスさせたり、アイデアは無限大です。その中でも、私は未来に向け、どこにでも配線無しにセンサーとしてデジタルをつなげる、このインクの役割と可能性に大注目しています、本当に面白いですね。

Bare Conductiveのサイトでは色々な事が出来るキットもあるみたいですよ。

https://www.bareconductive.com/shop/

 

英語ではありますが、以下に色々なアイデアを見てもらうために動画を付けておきました、視覚的に皆さんのアイデアを膨らませてみて下さいね。

 


Conductive paint

 


Storytelling through playful interactions

 

 2020年現在、コロナウィルスの影響はとても大きい...今はまさにアイデアを磨く時期

シルクスクリーン印刷はこんな時でも自宅で色々できるから素晴らしいものづくりですが、影響がないわけではありません。

世界が全く動いていないこの状況下では人、物が全く動かない為、何かを仕入れる時の障害となり取り掛かりが出来なくなります。また、イベントなども開けない状態である為、自粛による影響を受ける事は否めないでしょう。

 

ただ、このような状況下でもできる事は必ずあるので、トトキリがシェアするシルクスクリーン印刷の情報などを取り入れて、行動できることになった時の為にアイデアを膨らませて、また一人でも多くの人を笑顔にする、あなたの素晴らしいアイデアを磨いてみて下さい。