シルクスクリーン印刷 DIY部

自宅で学べるシルクスクリーン印刷のデジタルスクール

革命的。未来の印刷機|あらゆる物に片手でデジタル印刷できる

f:id:heizoujp:20181014160635j:plain

印刷のテクノロジーは光の速度なみに早くなっている

色んなものに簡単に印刷したい?今の時代、ほぼ全て叶います。

 印刷の世界はとても極端です。

シルクスクリーン印刷のようなアナログ感のある印刷技法が昔から現在まで使用されている一方で、1950年からインクジェットは印刷業界の革命の歴史を積み重ねてきたのです。しかも、今までのアナログでの操作により手間がかかっていた分、デジタル印刷の到来によりオートプリントが可能になりました。

 

インクジェット印刷が生まれて50年以上、恐ろしい速度で一般にテクノロジーが浸透

 このブログを見ている人はシルクスクリーン印刷でさえデジタルプリントが進んでいることをご存知でしょう。色んな手間や、不可能だと思っていたことが、信じられない速さで、可能になって来ており、また更にそれらのコストパフォーマンスは年々高まっています。それでもなお、シルクスクリーン印刷は社会で必要とされていますが、これから更に印刷技術が高まれば絶対なものは無いと恐怖すら感じます。

 

シルクスクリーン印刷→インクジェット等を更に進化させたデジタル印刷がこれだ!

f:id:heizoujp:20181014152617j:plain

 

何となく電動ドライバーのようなガジェット、あらゆるものに簡単に印刷が可能でパソコンなどと連動させることによりロゴや文字などを素早く印刷することが出来る。

 

信じられない...こんなものや、あんなものに印刷が可能になる

f:id:heizoujp:20181014152927j:plain

例えば、木材等に簡単にレーベルを印刷することが出来てしまう。中身が何なのか、どんなものが入っているのかを、その場で内容を設定して素早く印刷が出来てしまう。

勿論、製版などという概念ではなく、デジタルで入力し、ガジェットとインクが連動してその場でデータをデジタル出力が可能になり印刷をすることが出来る。

 

f:id:heizoujp:20181014153350j:plain

セメントにすらそのまま印刷が可能になる、恐ろしい逸材。

これはインクジェットの技術の発展と更にインクの技術が同じように急速に発展したおかげでこのようなインスタントデジタル印刷すらすでに可能になる時代となってしまった。

f:id:heizoujp:20181014154016j:plain

 

これからの時代は、知っているだけで可能性が広がる事が多数ある

今の世の中、皆さんもすでにご存じの通り、すさまじい速さで情報化社会は広がりを見せています。ただ、良い面と悪い面があるのは事実ですが、現在印刷の業界はすさまじい速さで変革が行われています。

 

現在、私達はまさにデジタルとアナログのはざまにいて、そのよい例が紙です、毎年のように紙というアナログな物への需要が減っていき、デジタル化が行われていますが、根本的な”印刷”の需要はまだまだ衰退をたどっていなく、逆に今まだその広がりを見せています。今、印刷はアナログ印刷ではなくデジタル印刷の急速な成長が一般にも浸透しています。

 

今の世の中だからこそ、新たな物を発掘する力と着実に自分の技術を磨き上げるアナログな世界を組み合わせて自分なりの道を開拓してみてはいかがでしょうか。

 

私達人間界のこれからのテクノロジーの進歩は、まさに光のごとく進化をして、まさに私たちはその渦中に流れ込んでいく事は間違いないでしょう。

 


HANDJET EBS-260 - improved hand held, portable, mobile ink jet printer - ver. EN

 

因みに、日本にも代理店のようなところや、似たようなガジェットも出てきているようなので、皆さんも色々チェックしてみて下さい。